古今亭菊之丞の評判や特徴・経歴・前妻と藤井彩子・弟子を紹介!

古今亭菊之丞落語家45人紹介
スポンサーリンク
スポンサーリンク

古今亭を背負って立つ落語家「古今亭菊之丞」(50歳)!

端正な佇まいと所作。色気がある落語家で踊りも達者な菊之丞さん。

見た目はおっとりしてる感じですが、実は豪快な一面もあるといわれています。後輩や若手には気前よくおごり、昇進の際には祝儀が弾む。酒好きの一面も。

とにかく落語家として気風あり、実力あり、人気ありという落語家。そんな古今亭菊之丞さんの経歴・演目・評価・結婚・師匠などをご紹介します。

古今亭菊之丞の特徴
  • 気品・色気があり、江戸を感じさせる着物姿が似合う噺家
  • 色気のある女性や江戸の若旦那を演じさせたら絶品
  • 若手の頃から賞を総なめした古典落語の実力者
  • おっとり見せて豪快で気前がいい!
  • YouTubeやSNSも積極的に展開

今なら30日間無料でお申し込みOK
...落語動画見放題&聴き放題!...
Amazon Prime加入
桂宮治、柳亭小痴楽、神田伯山、柳亭小痴楽、
瀧川鯉昇、桂宮治、古今亭菊之丞、
三遊亭白鳥、柳家喬太郎、三遊亭圓生
見放題&聴き放題

詳しい解説はこちら

落語・映画・TV番組・アニメ見放題!
音楽&落語など200万曲聴き放題!
ダウンロード&オフライン再生OK

スポンサーリンク

プロフィールと経歴

落語家になるまで

  • 小学生の頃から目立ちたがりやで、お楽しみ会とかでは漫才などを披露していた。
  • 中学生時に落語クラブの部長になり、中高時代は寄席に通い落語沼にどっぷりハマる
  • 落語クラブでは『三軒長屋』『芝浜』を演じてた。
  • 高校には落研がなかったので自分で作った。
  • 落語界に入る時に親交があった演芸評論家の大家「小島貞二」先生に師匠を紹介してもらう
  • 1991年に高校卒業し二代目古今亭圓菊に入門。前座名は菊之丞。

落語家になったあと

  • 1991年10月10日に新宿末広亭で初高座。演目は「子ほめ」。
  • 1994年に二ツ目に昇進。
  • 1998年2月に北とぴあ若手落語家競演会大賞をとり、若手注目株となる。
  • 二ツ目の時、世界一周クルーズの船内で毎日落語をする仕事をする。
  • 2002年NHK新人演芸大賞落語部門大賞受賞
  • 2003年真打昇進。真打昇進披露興行を前に新宿末廣亭から花園神社まで、落語界では初のお練りを挙行
  • 2006年に一般人女性と結婚し離婚する。2013年アナウンサーの藤井彩子と再婚
  • 2008年・09年・11年に国立演芸場花形演芸会金賞受賞。

古今亭菊之丞さんのエピソード集

  • 中学の三者面談時に担任であり落語クラブの顧問だった先生が母親に「この子を噺家にさせてください」といい、母がショックで泣いた。
  • 学力的に無理だが洒落のつもりで落研のある国立大学を受け全部落ちた。
  • 古今亭圓菊師匠はとても厳しく精神的にかなり追い詰められた。
  • 新作落語・改作落語に挑戦してみたが、自分には合わなかった。
  • 初高座のとき、客席に中学時代の落語クラブの顧問の先生がいて真っ白になった。
  • 2020年5月からYouTube「古今亭菊之丞でじたる独演会」を開設!
    初めは無料で無観客の配信をやる気はなかったが、妻の時代に乗り遅れちゃだめの一言で始めてみた。思ったより好評で地方で寄席にいけない人や、入院中の人が喜んで見てくれてやってよかったと思ったそう。
スポンサーリンク
古今亭菊之丞のProfile

●Profile
芸名/古今亭 菊之丞(ここんてい きくのじょう)
本名/小川亮太郎
生年月日/1972年10月7日(50歳)
出身地/東京都渋谷区
HPTwitter

●芸歴・受賞歴
1991年/千葉県立国分高校卒業
1991年/古今亭圓菊に入門
1991年/前座となる。前座名「菊之丞」
1994年/二ツ目昇進

1998年/北とぴあ若手落語家競演会北とぴあ大賞
2002年/NHK新人演芸大賞落語部門大賞
2003年/真打昇進
2020年/落語協会理事に就任
2008年・09年・11年/国立演芸場花形演芸会金賞
2017年/芸術祭賞優秀賞受賞

菊之丞さんの弟子時代は地獄!

古今亭菊之丞さんの結婚

古今亭菊之丞(当時40歳)が、2013年3月14日にNHKの藤井彩子アナウンサー(当時43歳)と結婚することを発表。

藤井彩子さんはNHKのアナウンサーで、青山学院大を出て93年にNHK入局。夏の甲子園でNHK女子アナとして初めてラジオの全国放送で実況を担当。2003年には同局ディレクターと結婚して、2012年離婚。

菊之丞さんも再婚なので二人は再婚同士。

ちなみに菊之丞さんの前妻は向島の芸者さんという、落語家のイメージを地でいってる菊之丞さん。色気のある落語家さんなので、寄席にはいつも若い女性ファンが陣取ってます。

▼二人の馴れ初め

  • 約3年前の2010年にNHK-BS『お好み寄席』という番組にて出会う。その時は大喜利の解答者と司会者という立場。
  • 藤井アナは落語に詳しくなかったので菊之丞さんがレクチャーし、落語会や食事会に招待したりして自然と仲良くなっていった。
  • 2012年の夏より交際に発展。
  • 2013年の春に結婚を決意。
  • 交際期間10カ月でスピードゴールイン!
スポンサーリンク

古今亭菊之丞さんの弟子

一番弟子はまめ菊改め古今亭雛菊(女性)

2021年5月21日の誕生日に浅草演芸ホールで二ツ目に昇進しました。
雛菊さんは28歳。

菊之丞さん曰く
「愛嬌は芸人に一番大事なもので、元々持っている。稽古だけは熱心。(女流の落語家が増えて)女性が注目されるようになったし、これから型を作ってほしい」と愛弟子に期待を寄せた。

雛菊さんの喜びのコメント
「師匠の弟子なので格好良く古典をやりたい。古今亭の噺もやっていきたい。落語は楽しいです」と意気込みを語った。

https://hochi.news/articles/20220522-OHT1T51000.html?page=1
スポンサーリンク

古今亭菊之丞の魅力とオススメ演目


古今亭菊之丞の魅力と、その魅力が詰まったオススメ演目をピックアップ!

古今亭菊之丞の魅力
  • 色白でまるで歌舞伎役者のような佇まい!江戸の若旦那が出る話はおてものもの!
    お薦め噺「明烏/愛宕山/たいこ腹」等
  • 根っからの品の良さは女性を演じるにも説得力抜群
    お薦め噺「紙入れ/お見立て」等
  • YouTubeや協会仕事にも積極的で落語の人気を下支え!
    ファン&興味本位でYouTubeTwitterをみる
落語CD・DVDの大量視聴はレンタルがお薦め

❶江戸を感じさせる品のいい落語家

古今亭菊之丞
「古今亭菊之丞でじたる独演会」より引用(概要欄許可OK表記有)

色白でまるで歌舞伎役者のような佇まい。育ちのいいボンボンにも見えるから、『明烏』『愛宕山』など、江戸風情を感じさせる若旦那が出てくる話はおてものもの。

▼古典落語『明烏』は必見!

〈あらすじ〉堅物でまだ女性をしらない男。父親は息子を心配して、町内の遊び人の源兵衛に息子を吉原に連れて行ってほしいと頼む。息子は泣きながら拒否するのだが、なんとか無理やり連れていく。翌朝、源兵衛が恐る恐る向かいに行ってみると、昨日とは一転、すっかり女のとりこになり、帰りたくないとダダをこねる。
▶明烏の詳しいあらすじはコチラ

▶古今亭菊之丞DVD「明烏/二番煎じ」

菊之丞さんの真面目な若旦那と、経験をした後の若旦那のどちらも演じる説得力は凄い!

若旦那と太鼓持ちの共演『愛宕山』

〈あらすじ〉金持ち暇な庄屋の若旦那。京都見物として子分で太鼓持ちの一八と愛宕山にピクニックに行く。山の頂上で食事を済ませ、暇を持て余す若旦那。そこで願掛けのために谷底にある的に皿をなげる「かわらけ投げ」に挑戦。皿が亡くなった頃、若旦那は持ってた小判を投げつけた。
若旦那は一八に「あの小判とってきたらお前のものにしていいぞ」といい、一八は必死に取りに行くのだが…。
▶愛宕山の詳しいあらすじはコチラ

▶古今亭菊之丞名演集CD「たちきり/愛宕山」

こちらの話も菊之丞さんの演じる「ボンボンの若旦那」と「ご機嫌をトリまくる調子のいい一八」のやり取りで笑わせてくれます!

スポンサーリンク

❷艶のある女性を演じる説得力は抜群!

「古今亭菊之丞でじたる独演会」より引用(概要欄許可OK表記有)

女性を演じるのもうまく、色気のある話は説得力抜群。弟弟子の古今亭文菊さんも女性を演じさせたら絶品だが、菊之丞さんも負けてない!

その艶っぽい噺を存分に味わえる『紙入れ』『お見立て』はお薦め!

古典落語『紙入れ』は必見!

〈あらすじ〉知り合いの奥さんに誘われてお家にあそびに行く。しかも亭主は留守。二人はだんだんいい仲になり、大人の関係の流れに。しかし帰ってくるはずのなかった旦那が帰ってきた!
男は焦って帰ろうとしたため、あろうことか財布を忘れて置き忘れてしまった。しかもその財布には先程の奥さんの手紙が入ってる。翌日恐る恐る奥さんにどうなったか聞いてみると。。
▶紙入れの詳しいあらすじはコチラ

❸古典落語で江戸時代にタイムスリップ!

文七元結

菊之丞三ご自身でプロフィール欄にある得意ネタは「火焔太鼓、妾馬、親子酒、長短」など。どれも親子や夫婦など、江戸落語の生活の一部を切り取ったような話がお得意!

自他ともに認める古典落語世界を伝えれる次世代の大看板です。

▶古今亭菊之丞の音源&動画集を見る!

スポンサーリンク

❹ユーチューブやSNSで活動

YouTubeや協会仕事にも積極的で落語の人気を支える!

コロナのためにスケジュールが真っ白になってしまった菊之丞さん。初めは無報酬・無観客のYouTubeなどやる気はなかったが、奥さんの勧めで時代の波に乗り遅れないようにYouTubeを始める。

古今亭菊之丞でじたる独演会』では、「柳家喬太郎」や弟弟子の「古今亭文菊」などの大物ゲストも出演し人気に!現在登録者数1.04万人。

現在はどちらかというとファンが定額でメンバーになり、ファンのための動画を配信してますが、過去の落語動画も見るので嬉しい!

YouTubeTwitter

スポンサーリンク

▶古今亭菊之丞のチケット&スケジュールをチェック!

古今亭菊之丞のオススメCD、DVD、動画

30日間無料!
無料落語音源聴き放題!
...Amazon Music Unlimited ...
春風亭一之輔、柳家喬太郎、桃月庵白酒、
入船亭扇辰、三遊亭兼好、三遊亭圓生など
大量の落語が聞ける。
詳しい解説はこちら

9,000万曲が聴き放題!
ダウンロード&オフライン再生OK
PC・スマホ・タブレットOK

古今亭菊之丞さんのCD、DVD、動画をご紹介します。

CD&MP3「古今亭菊之丞 名演集」1〜4

古今亭菊之丞CD作品シリーズ。2006年〜2011年まで高座を収録。古今亭菊之丞さんの演じる滑稽噺から、人情話まで古典落語の魅力がつまったCD集。

◆古今亭菊之丞名演集内容
【1】たちきり、愛宕山【2】三味線栗毛、法事の茶【3】素人鰻、景清【4】寝床、棒鱈【5】火焔太鼓、芝浜

▶古今亭菊之丞名演集CD&MP3集!

DVD「古今亭菊之丞 名演集」1〜4

古今亭菊之丞さんの映像作品です。2012年・2013年に収録された高座。菊之丞の落語を思う存分堪能できるDVD。落語集はシリーズで2つでており、「明烏、二番煎じ」編と「景清、酢豆腐」編の2つ。

▶古今亭菊之丞落語DVD集!

コメント