『子ほめ』落語のあらすじ (台本)をわかりやすく紹介!

子ほめ落語の演目あらすじ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

初心者のために落語のあらすじをご紹介!

今回の『子ほめ』は御世辞のひとつも言えないと駄目だぞと隠居に叱られた男の噺。

落語のお決まりパターンなのですが、隠居に教えてもらったアドバイスを実行するのだが結局うまく行かないという噺。

スポンサーリンク

『子ほめ』のあらすじと感想

子ほめ

.滑稽噺. .御世辞.

簡単なあらすじ

酒好きの八つぁんは隠居の家にやってきた。「ただで酒のましてくれねえかい」。いきなりきて開口一番その言い草。実は八つぁんがいったのは“ただの酒”ではなく「灘の酒」だったのが、それにしてもと呆れる隠居。

隠居〉お前さんねぇ。いきなりきてだだで酒って。。いい方ってものがあるだろ。
八つぁんえ?でも、思ったこといったまでだよ
隠居あのな、ほんとにただで酒飲みたいならお世辞の一つでもいって、相手を気分良くしてやんないと、飲めるもんも飲めなくなるぞ

八つぁんは隠居に御世辞の言い方を教えてもらった。

隠居“これは素敵なお子さんではないですか。やっぱり両親が器量がいいと、こんなかわいい赤ん坊が産まれてくるんですね。まったく栴檀せんだんは双葉よりかんばしく、蛇は寸にしてその気を呑む。こんなお子様に私もあやかりたい”。いっていってみな。

栴檀(せんだん)とは植物の白檀(びゃくだん)のことで甘い香りがして爽やかな芳香を放つ。蛇はわずか一寸ほどでも人を呑むほどの気迫がある。つまりはどちらも、幼くして抜きん出た人物であることを讃える例え。

八つぁんなるほどね。それいえばただの酒にありつけるってわけだ。
隠居まったくおめえってやつは。。。とにかく相手を褒める。一番簡単なのは年齢だ。ある程度の年の人なら若いですね。まるで何歳に見えますと。小さな子どもであれば賢いですね。10歳には思えない13・4歳だって。

と、八つぁん一応きいてたが上の空だった。ただ行動力はある。さっそく隠居のアドバイスを実践しようと町に出た。町を歩いていると大店の主人にあった。

八つぁんお、ご主人。しばらくぶりですな。ところで今何歳になりやしたか。
主人年齢?40だけど
八つぁん40?ほう40ですか。とても40には思えない。45・6歳ぐらいだ

主人は怒って帰ってしまった。八つぁんは事態が飲み込めない。「あれ、隠居は年齢を高くいえっていってたよな。ん?低く言うんだっけ。。」でも八つぁんは諦めない。とりあえず赤ん坊が生まれたばかりの友達の竹ちゃんのとこへいく。

八つぁんいやーかわいいね。二人にそっくり。両親がいいとこんな赤ん坊が生まれてくるんだね。
竹ちゃんなんだい。うれしいこといってくれるじゃねえか
八つぁんで、歳はいくつだい。
竹ちゃんいくつって生まれたばかりだから(数え歳)1つだ
八つぁん1つ⁉ひとつかい。まるで0歳に見える。

スポンサーリンク
時間がない方へ超要約こんな話

ただ酒にありつきたい八つぁん、ご隠居からその方法を教わった。それはお世辞をいうこと。とりあえず年相応より年齢を若くいえと教わる。八つぁん、言われたとおり実践。友達の家の1歳の子供をみて、若いねーまるで0歳に見えるといってしまう。

YouTubeで視聴する

今なら30日間無料でお申し込みOK
...落語動画見放題&聴き放題!...
Amazon Prime加入
桂宮治、柳亭小痴楽、神田伯山、柳亭小痴楽、
瀧川鯉昇、桂宮治、古今亭菊之丞、
三遊亭白鳥、柳家喬太郎、三遊亭圓生
見放題&聴き放題

詳しい解説はこちら

落語・映画・TV番組・アニメ見放題!
音楽&落語など200万曲聴き放題!
ダウンロード&オフライン再生OK

コメント

タイトルとURLをコピーしました