元世界のナベアツの「桂三度」の現在・師匠・転身理由を解説!

桂三度落語家45人紹介
スポンサーリンク
スポンサーリンク

世界のナベアツとして一世風靡した現在桂三度さん。

2018年10月にはNHK新人落語大賞を受賞し、その実力も認められています。

また現在真打にはなっていません。それは実力がないからではなく、東京と大阪の落語界のシステムの違い。

東京は見習い→前座→二ツ目→真打と平均12年以上の修行をして、やっと一人前の落語家になれますが、上方にはそういうシステムは有りません。

ただ、上方でも芸歴5年以上は、東京でいう二ツ目と同じ中座と位置付けられ、芸歴15年以上で真打的に扱われることもあるそうです。

30日間無料!
無料落語音源聴き放題!
...Amazon Music Unlimited ...
春風亭一之輔、柳家喬太郎、桃月庵白酒、
入船亭扇辰、三遊亭兼好、三遊亭圓生など
大量の落語が聞ける。
詳しい解説はこちら

9,000万曲が聴き放題!
ダウンロード&オフライン再生OK
PC・スマホ・タブレットOK

スポンサーリンク

「桂三度」〜世界のナベアツ〜

▼基本情報

  • 生年月日:1969年8月27日(52歳)
  • 出身:大阪府
  • 落語家名:桂三度(かつら さんど)
  • 師匠:桂文枝
  • 本名:渡邊鐘(わたなべ あつむ)
  • 元コンビ名:ジャリズム
  • ピン芸名:世界のナベアツ

経歴(芸人&落語家編)

  • 1991年/山下しげのりと漫才コンビ『ジャリズム』を結成。
  • 1992年/千原兄弟と一緒に関西で大人気になる。
  • 1996年/千原兄弟&雨上がり決死隊&ジャリズムで東京で冠番組「アメジャリチハラ」を持つ。
  • 1998年/東京でのブレイクは叶わず、ジャリズムを一度解散してピン芸人&放送作家としての活動開始。
  • 2008年/ピン芸人「世界のナベアツ」として、R-1ぐらんぷり決勝3位になり一気にブレイク。
  • 2011年3月/桂三枝に弟子入りする。高座名は「桂三度」。
  • 2012年1月3日/品川プリンスホテルでの落語会で初高座。
  • 2018年10月/NHK新人落語大賞を受賞。
スポンサーリンク

落語家への転身理由と苦労と喜び

コンビで人気になり、ピン芸にとしても放送作家としても人気になった世界のナベアツさんの落語家転身の顛末。

落語家になった理由

落語家になりたいと10年ほど前から考えており、決め手となったのは実績ある師匠(桂文枝)の創作落語を聞いて感動し、決意を固めた。

それに落語には凄い可能性が眠っているジャンルだなと思ったこと。

師匠に桂文枝を選んだ理由

師匠の創作落語に挑む姿に感動し、自分も漫才師や放送作家としてネタを書いてきたので、創作落語をやりたかったから。

落語家としての苦労

  • 年齢が41歳ということもあり、肉体的にキツかったそう。体にもガタがすでに来ており、師匠の重たい荷物も運ばなぶときなど腰痛で辛かった。ただ、兄弟子達に支えられなんとか乗り切ったそう。体力面で支えるのは難しいから、逆に経験を生かして師匠の欲しい物など先に用意するなど気配りでリカバーした。
  • 自分はある程度、名前を知られてる立場でよそ者が急に入ってきたため、いろんな人に嫌味を言われたり、信頼してた人が陰口を言ったりしてたのを伝え聞いてショックをうけた。
  • 収入が5分の1に落ち込んだ。落語家になるために、お笑いや放送作家などほぼやめて見習い状態から入門したため年収が激減!でも、15年以上寄り添っている妻は支えてくれた。
  • 芸人歴20年以上が逆に仇となることもあった。漫才などやピン芸を通して笑いのツボや間を心得ていたつもりだったが、落語ではその間自体が通用しないこともあるんです。
  • 第一目標がNHK新人落語大賞を取ること(見事受賞)。また、いつか自分の作った新作落語を映画化したいんです。
スポンサーリンク

▶オモローのナベアツのピンネタDVD

今なら30日間無料でお申し込みOK
...落語動画見放題&聴き放題!...
Amazon Prime加入
桂宮治、柳亭小痴楽、神田伯山、柳亭小痴楽、
瀧川鯉昇、桂宮治、古今亭菊之丞、
三遊亭白鳥、柳家喬太郎、三遊亭圓生
見放題&聴き放題

詳しい解説はこちら

落語・映画・TV番組・アニメ見放題!
音楽&落語など200万曲聴き放題!
ダウンロード&オフライン再生OK

コメント