『長短』タバコ落語のあらすじ(台本)をわかりやすく解説!

長短落語の演目あらすじ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

初心者のために古典落語のあらすじをご紹介!

今回ご紹介する演目は『長短』。気の短い男と気の長い男は性格は合わないものの、なぜか仲が良い。そんな二人が遊ぶのだが性格ゆえにちょっとした悲劇が起きる。

悲劇と言っても正直くだらない笑い話です。

スポンサーリンク

『長短』のあらすじと感想

長短

騙し騙されてどっちが勝つ

.滑稽.

簡単なあらすじ

気が短い「短七」と気が長い「長さん」は正反対の正確だが仲が良かった。

そんなある日、長さんが遊びにきた。遊びにやってきたのに、家に入ろうとせず、あたりを見回したり家の周りをぐるぐるしたり通りがかった人と他愛もない会話に終始。

気の短い短七はその様子をみてイライラ。

長さんおい!何してるんだ。家に上がるなら上がるではやくしろよ。
短七ああ、すまねえすまねえ。

やっとこさ家の中に入る。

長さんお茶とまんじゅう。早く飲んで食っちまいな。
短七ありがとう。食べて飲もうか。飲んで食べようか。どっちがいい?
長さんしるか!一緒に口の中に入れちまいな。

短七それじゃあ、せっかく用意してくれたのに悪いじゃない。
長さんまったくじれってえな。お前みたいにのんきに構えてたら、お茶が冷めちまうし、まんじゅうが腐っちまうだろ。

長さんはイライラのストレス発散をするため、タバコに火をつける。火をつけて勢いよくスパスパ。火種のついた灰をはらうときも、もちろん豪快に勢いよくパンパンはらう。

しばらくして短七がいう。

短七長さん。話したいことがあるんだけど聞いてくれる?
長さんなんだい。そんなこと言ってる暇があったら早く言えよ。

短七んんとね。怒らないで聞いてくれる?
長さんだから早くいえって。怒りもしねえよ。

短七でも、もう怒ってるよ。
長さんうるせえ。早くいえ。

短七は一呼吸おいてから言う。

短七長さんタバコ吸ってるでしょ。さっきその灰が袖の中に入ったのみたんだけど、なんか背中から煙がでてるよ。
長さんしょうもねえこと言ってんじゃねえよ。――んん?煙?

長さんの袖から入った火種のついた灰が和服に燃え上がり、背中から煙がでてた。長さんそれを見て慌てふためく。

長さんてっめぇなんで早く言わないんだよ。バカヤロウー!!
短七ほら、やっぱり怒る。言わなきゃよかった。

スポンサーリンク

YouTubeで見る

スポンサーリンク

今なら30日間無料でお申し込みOK
...落語動画見放題&聴き放題!...
Amazon Prime加入
桂宮治、柳亭小痴楽、神田伯山、柳亭小痴楽、
瀧川鯉昇、桂宮治、古今亭菊之丞、
三遊亭白鳥、柳家喬太郎、三遊亭圓生
見放題&聴き放題

詳しい解説はこちら

落語・映画・TV番組・アニメ見放題!
音楽&落語など200万曲聴き放題!
ダウンロード&オフライン再生OK

コメント